※手術の写真を掲載しておりますので、
苦手な方はご注意ください。

猫の心臓病、肥大型心筋症
 今回は症例紹介として、猫ちゃんの心臓病に関しての説明をさせていただきます。
猫の心臓病といってもあまり馴染みがない方も多いかと思いますが、猫の心臓病は意外と多くしかも重症化すると命を落とすほど怖い病気の一つではあります。
 猫の心臓病は多くは心筋症というもので、心臓の筋肉に異常がおき最終的には心臓の動きが悪くなり心不全を発症し苦しい状態になってしまう病気です。中でも心臓の筋肉が理由もなく肥大する肥大型心筋症という病気が最も多いとされています。
 この病気の怖いところとしては、症状は途中までは全くないということです。病気をもつ猫ちゃんの大部分は無症状のまま過ごしており、気がつかないうちに病気は徐々に進行していることが多いです。気がついた時には末期ということが非常に多く、これまでたくさんの飼い主さん達が突然の症状の発症と、発症からの寿命の短さに涙を流しています。
 写真のような左心房の拡大が起こると、恐ろしい心不全の症状が出ます。息が苦しくなったり、突然血栓が詰まって後ろ足が動かなくなったり…この状態まで来てしまうと命を救うことが大変難しくなってしまいます。
 当院での取り組みとしては、病気を疑ったらなるべく早期診断をすること、また早期の治療はまだまだ難しいとされていますが、最善の治療を提示できるよう努力しています。
 診断には超音波診断装置を使いますが、猫の診断は熟練した技術と知識が必要です。動物医療センター白金台では、最新の心臓病専用超音波診断装置を備えており、日曜日と月曜日に、日本獣医循環器学会専門認定医の井口の診察が受けられます。心臓病でお困りの方は是非ご相談ください。

執筆担当:獣医師 井口